法隆寺展

暑さのなか、母と姉と芸大美術館で開催されている法隆寺展へ行ってきました。毘沙門天や吉祥天はもちろん文句なく素敵でしたが、私の主な目的は鈴木空如さんの金堂壁画の模写を見ること。昭和24年に焼失してしまった壁画。寒村の名もなき画家が渾身の祈りを込めて描いた模写が一躍脚光を浴びることになったのです。あたたかみに溢れたその絵は、見ていると自然に泣きたくなるような素晴らしさでした…。別会場には実際の金堂の配置...