PARISオートクチュール

行きたいと思いながらなんとなく忙しく、会期が今週末までになってしまった展覧会に行ってきました。

全て個人の顧客のために誂える世界でたった一着だけの服…。





左はシャネル、右はマドレーヌ・ヴィオネのイブニングドレス。
シンプルな中に布やカットの美しさを最大限に生かしたようなデザインにため息が出ました。
なんて美しいドレスでしょう…。





1928年LANVINの「Bel oiseau 美しい鳥」。
ビーズやスパンコール、爪付きのラインストーンなどの繊細で綿密な手仕事に息がとまりそうでした。

芸術ともいえる美しいドレスの数々にすっかり魅了されて帰ってきました。
メゾンの技術には遠く及びませんが、刺繍の作品をじっくり作ってみたくなりました。


Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント